手作りのうつわ・カトラリーと雑貨をネットショップ&展示室で販売しています。


by piaceshop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:未分類( 3 )

先日お話した口蹄疫のお話。
毎日いろんな現場の方の声、そしてその声をどうにかして届けようと
皆が一生懸命頑張っています。
衆院農林水産委員会で宮崎県出身の江藤拓議員の訴えには涙が出ました。
ご覧になりたい方はこちらを。

また一人の農夫の方の記事を転載します。

≪以下mixiより転載≫


一昨日発表された川南の農場…

うちの子牛がいる…

予定日よりも2週間早く産まれ、虚弱の頼りない小さな男の子だった。
元気な牛に育つようにと、“元気”と名付けた。

元気は虚弱体質だったため、お母さん牛から3日で離し、粉ミルクで育てた。
離した日から2日くらいは親子共に呼び合って、お母さん牛は喉が枯れかすれた声で
悲しそうに鳴いていた。
「元気はちゃんと立派に育てるからな。」そう言いながら、お母さん牛に餌をやった。

数日経つと、元気は俺を母親と思ったのか、俺を見る度に親を呼ぶように鳴いた。
1日2回のミルクやり、風邪をひかないように多めに敷きワラを入れ、ブラシをかけ、
大事に育てた。よくなつき、牛小屋で作業をしてると構って欲しいのか、
まとわり付いてきて邪魔なくらいだった(笑)
それでも2回風邪をひいた。40度を越える熱が続いた。真冬の寒い夜が続き、元気には服を着せ、ペットボトルにお湯を入れに湯タンポにし、夜中も何度も起きて様子を見に行った。
起きれないほどの症状の癖に、注射を持って行くとフラフラしながら必死になって逃げた。
やたら臆病な子だった(笑)風邪が治るとまたいつものように
兄ちゃん牛、姉ちゃん牛と牧場を走り回っていた。

ある日、俺が作業部屋でイライラしながら機械をいじってると、
元気が部屋から脱走して入って来た。バイトのヤツが追い出そうとしたが、
「いいが(笑)」と笑いながら元気を撫でた。
宮崎には珍しく雪の降る寒い日だった。元気は一通り部屋の匂いを嗅いで回った後、
ストーブの前に座り込み、コクンコクンと頭をゆらしうつらうつらと居眠りを始めた。
なんだかそれを見るとイライラしてた自分がアホみたいに思え、笑えた。

産まれて4ヶ月、元気は大きくなった。頭は俺の腹くらいの高さはある。体重は俺の倍はある。
まともに力比べしたら人間じゃかなわない。
それでも、元気は俺を母親と慕い、後を付いてくる。
頭や背中を撫でると嬉しそうに伸びをする。
大きくなっても甘えん坊だった。
俺が小屋から出ようとすると一生懸命着いて来ようとする。
俺が「コラッ」と叱ると、引き下がりつまらなそうな顔をして、小屋の中に戻って行く。
どんなに大きくなっても気が弱く甘えん坊なところは変わらなかった。

産まれて10ヵ月、元気は立派な牛になった。
俺が「元気」と呼ぶと嬉しそうに飛んできた。
10ヵ月、手塩に掛けて育てた。産まれた時の虚弱な子とは見違える立派な牛に育った。

元気は競りで売られて行った。

最後の別れの時、別れと解ったのか、じっと俺を見ていた。
元気が、「ありがとう」そう言ってるのが解ったの。
俺も元気の頭を撫でながら「ありがとう」と声を掛けた。
元気は寂しそうトラックに揺られ、友達の農場に旅立って行った。

「うちから行った牛、どんなだ?」俺は買ってくれた友達に電話を入れ元気の様子を聞いた。
「元気しとるよ。お前んとこの牛は良く食う。」友達が元気を誉める。嬉しい。
自分の子供が誉められるってこんな気分なんだ。そう思った。

元気がうちから旅立って1年、元気の様子を見に行った。
沢山の大きな牛の居る部屋。
大きく一目でわかった。人懐っこそうな大きな目、
「元気」そう呼ぶとこっちに歩いてきて頭を突き出してきた。
驚くほど大きくなった。もうあの虚弱な元気じゃなくなっていた。
1年離れているが俺の事はちゃんと覚えていた。
柵の向こうからすりよってきた。甘えん坊な所は変わってなかった。


それから数ヶ月…、


口蹄疫が発生した。


元気は殺され、冷たい、暗い土の中に、沢山の仲間と一緒に埋められる。

まだ処分は追い付いてない。
友達によると、まだ元気は発症してない。
後何日、元気は生きられるんだろう?大好きな餌を食べられるんだろう?
ちゃんと食べてるかな?
毎日消毒液をかけられ、怖い思いをしてるだろうな。
次々と牛舎の仲間が倒れ、怖い思いしてるだろうな。

もうすぐ殺されることなんて、解らないんだろうな。

口蹄疫さえなければ、後半年、仲間達と美味しい餌を食べて、綺麗な敷きワラの上で寝て、
感謝されながら立派なお肉になって、感謝されながら食べてもらえるはずだった…

元気は殺され、冷たい、暗い土の中に、沢山の仲間と一緒に埋められる。

元気、うちの牛に産まれてきてくれてありがとう。

1日でも早く、
元気が怖い思いをせず、
病気で苦しい思いをせず、
仲間を破滅させるウイルスを撒き散らすことなく、

1日でも早く、
殺処分されますように…。

どうか、
どうか、またうちの牛に産まれてきてくれますように…。

≪転載終了≫


一刻も早く人材、資材、消毒剤、資金を宮崎に届けてください!
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m









web shop piace-ピアチェ- ぜひご覧くださいね(^^)
[PR]
by piaceshop | 2010-05-14 11:35

フリーカップ 花うらら

寒くなるこの季節、あったか~いカフェオレが飲みたくなります♪
そんな時、こんなカップがあると嬉しいな。

a0133493_1815746.jpg


サイズ径10cm/高さ7cm

白土の滑らかな質感が、触れたときに心地よく
優しい色の花柄はホッとします。
使い勝手の良いフリーカップです。
(専用のお箱がご用意できます)
[PR]
by piaceshop | 2009-10-15 18:15
昨日こんな本を見つけました。

a0133493_8202680.jpg


オトコ弁当。
最近独身男性も職場にお弁当持参される方、増えてるみたいですね。
男性も料理が出来ると”株が上がる”(^^)

うちのお父ちゃんも少しは出来るようになるといいのになぁ~なんて思いながら
本を開いてみると。。。

私が作るお弁当と似てる。。。

めくればめくるほど、似てる。。。

でもね、「オトコ弁当」って書いてある本なの。





これでいいのか。。。私(><)






web shop piace-ピアチェ- ぜひご覧くださいね(^^)
[PR]
by piaceshop | 2009-07-12 08:23